耐震工事・バリアフリー工事・エコ住宅

■こんな建物は要注意!耐震リフォームをご検討ください。

●1981年以前に建てられた建物
1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。
1981年以前に建てられた建物は旧耐震基準の耐震性になっている為、大きな揺れでは倒壊してしまう可能性があります。
1995年の阪神淡路大震災で、1981年以降建てられた建物の被害は少なかったことが報告されています。

●軟弱な地盤に建っている建物
軟弱な地盤は特に都市部に多く、注意が必要です。
軟弱地盤は揺れが大きくなりますので、壁量を50%増しにするよう、建築基準法で定められています。

●オーバーハングした建物
1階より2階部分が飛び出ている建物をオーバーハングと言います。
このような2階部分を1階の柱だけで支えるピロティー状の建物は不安定な家になりがちです。

●1階に壁が少ない建物
1階が店舗や車庫、大きな窓などの建物です。
壁がないと耐震性の乏しい建物になってしまい、1階部分だけが倒壊してしまう危険性があります。

●下屋の大きい建物
建物は1階と2階の外壁線が揃っていたほうが、構造上安定します。
一見、2階が小さく1階が大きい建物は安定感がありそうですが、2階の外壁が1階の外壁と繋がっておらず、下に壁がない場合は、1階の天井に大きな負担がかかります。

●老築化した建物
老朽化した建物とは、築年数が古いということではありません。
土台や柱などが腐ったり、シロアリ被害にあっていたり、雨漏りをしていたりと、強度が劣化している建物のことです。
このような建物の場合、シロアリ駆除や雨漏り修繕はもちろんですが、耐震工事も視野に入れてご検討ください。

 

■バリアフリー工事

●部屋間の段差をなくすフラット工事
部屋の仕切りであるドアなどは、多くの場合、下に大きな段差があります。
車椅子で移動している方がご家族にいらっしゃる場合、この段差を越えるのは想像しているよりも大変です。
フラット工事では家の中の段差を文字通りフラットにし、どなたでもお部屋を楽に移動できるようにすることが可能です。

●手すりの取り付け
階段はもちろん、トイレやお風呂などにも手すりを取り付けることが可能です。
車椅子からトイレへの座り直しなども、手すりがあることで負担が大幅に低減します。

 

■エコ住宅

●地球とお財布に優しいエコリフォーム

「エコ住宅」とは、エアコンなどによるエネルギーの消費量を少なくする“地球に優しい住まい”のことです。
エコリフォームによって省エネ化することで、暖房や冷房にかかる光熱費も削減することが可能。

具体的には内窓(二重サッシ)の設置や断熱材の施工により、室内温度が外気温の影響を受けにくくすることで、エアコンの使用時間を減らしたり、高断熱浴槽の導入でお湯を長時間冷まさず保温し、”追いだき機能”を使わなくても温かいお風呂を保つといった工事が該当します。

工事内容によっては補助金が出る場合もあり、当社でお調べすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。
エコリフォームは、地球にも、家計にも優しいリフォームなのです。

【電話】 070-5345-5792
【受付時間】9:00~20:00 定休日:日曜
【対応エリア】宇治市を中心に、京都府、大阪府北部、滋賀県南部に対応
         ※詳しくはお問い合わせください
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫

一覧ページに戻る